協議会/事業の概要

協議会について

三郷町生涯現役促進協議会とは

三郷町では、少子高齢化により、高年齢者の割合が増加し、労働人口が減少する中、高年齢者が地域社会において、健康で意欲と能力のある限り年齢にかかわりなく、「生涯現役」で活躍し続けられる社会環境の整備を目指し、三郷町商工会、公益社団法人三郷町シルバー人材センター、社会福祉法人三郷町社会福祉協議会とともに、「三郷町生涯現役促進協議会」を立ち上げました。
三郷町生涯現役促進協議会では、厚生労働省が実施する「生涯現役促進地域連携事業」の委託を受け、様々な取組を行ってまいります。

協議会会員(構成団体)

  • 三郷町
  • 三郷町商工会
  • 公益社団法人三郷町シルバー人材センター
  • 社会福祉法人三郷町社会福祉協議会

生涯現役促進地域連携事業とは

厚生労働省が、地方公共団体が中心となって構成される「協議会」等からの提案にもとづき、地域における高年齢者の就労・社会促進に関する事業を幅広く実施する事業のことです。
三郷町生涯現役促進協議会では、厚生労働省からの委託をうけ、事業名「三郷現役応援プロジェクト~いきいきわくワーク~」による各種取組を平成29年11月から実施しています。
 
事業詳細についてはこちら
  

その他

三郷町現役促進地域連携事業における個人情報の取り扱いについて
三郷町個人情報保護条例に基づき、また協議会職員の就業規則に守秘義務をもうけ、個人情報を適正に取り扱います。

事業について

事業名

生涯現役応援プロジェクト ~いきいきわくワーク~

事業の趣旨・目的

  • 近年の急速な少子高齢化により、高齢者の割合が増加し、労働人口が減少する状況は、経済面をはじめ社会全体の衰退を招くだけではなく、医療・福祉等の社会保障の財政負担の増加も重くのしかかってきます。高年齢者が地域社会において、健康で意欲と能力がある限り年齢にかかわりなく活躍し続けることができる生涯現役社会の実現に向けた取組が必要であります。
  • 本事業を通して、高年齢者の健康維持・増進、介護予防、医療費の削減等の効果に寄与しながら、高年齢者の能力や経験を活かし、「生涯現役」で活躍し続けられる社会環境を整備することを目指します。

事業内容

  1. 高年齢者を対象とした就労・社会参加等に関する意識調査の実施
  2. 事業所を対象とした高年齢者の雇用に関する意識調査の実施
  3. 就労・社会参加を促し、重点業種の就労希望者等に対する就職準備のための「生涯現役セミナー」の開催
  4. 事業所に対する高年齢者の雇用促進やテレワーク導入をはじめとする「働き方改革」の推進に繋がるセミナーの開催
  5. 就労・社会参加に関する情報等を提供する高年齢者向けのポータルサイトの開設
  6. 就労全般にかかる情報提供や就労にかかる支援を行う「応援(相談)窓口」の開設
  7. 高年齢者の就労・社会参加の促進や老後の安心安全な生活設計等を記載したガイドブックの作成

事業概略図

事業概略図